企業内に保育所を設けるに当たり発生する問題

企業内に保育所を設けるに当たり発生する問題

企業内保育所とは
企業内保育所というのは企業の中、またはその近辺に用意されている育児中の従業員に向けた託児施設のことです。このような施設の目的というのは子育てをしながらでも従業員が安心して働くことのできる環境を整備するということがあります。

仕事をしながら子育てをするというのはとても大変なことです。自分の仕事へ行くだけでなくその前後に保育所への送迎が必要になります。保育所の待機児童問題もあり自宅や職場の近くの保育所に必ずしも通えるとは限りません。そのため自宅や職場から離れたところとなれば送迎だけでも相当な負担になりますし勤務時間が短くなったり保育時間を延長したりといった調整も必要となってしまいます。

そこで、企業の中や企業の近くに専用の保育所ができることで通園する際の負担が大幅に軽減することができます。そして、仕事をしている女性が待機児童の問題で子供が預けられるか不安になりながら出産をすることがなくなります。出産後の預け先が保障されている状態で出産ができるというのはとても大きな安心感になるのです。保育所探しの負担が軽減されることから企業内保育所の設置は出産しよう、仕事を続けようと考える女性も増え少子化対策にもなります。